辞任の花道を飾れないトニー・ブレアの苦衷

執筆者:マイケル・ビンヨン 2007年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

「名宰相!」の掛け声を浴びながら花道を去っていくはずだった。しかしイラクのつまずきに追い討ちをかけた金銭疑惑が引き際を阻む。[ロンドン発]英首相としてのトニー・ブレア(五三)の時間にいよいよ終わりが見えてきた。首相の座について十年――過去百年の間にマーガレット・サッチャーのみが達成した記録にこの夏、肩を並べるブレアは、すでに辞任の意向を表明している。だが、それがいつになるかはわからない。後を託されるはずのゴードン・ブラウン財務相(五六)でさえ、答えを知りたくてやきもきしている状態なのだ。 辞任の時期についてブレアが明言を避けるため、予想される時期は七月、九月、あるいは年末、と徐々に引き延ばされている。なぜか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top