「環境」の経済問題化に乗り遅れる日本

2007年4月号
エリア: 日本

環境問題はいまや経済成長にタガをはめるルールづくりになってきた。アメリカの態度も急変、早く本腰を入れないと、また日本だけが――。「環境問題」というと、社会倫理や高邁な理想論の領域だという印象が強い。実際、活躍するのは自然保護団体やNPO(民間非営利団体)で、企業といえばメセナ(社会貢献)として取り組む程度というのが、これまでの相場だった。だが、ここへきて世界の状況は一変している。環境は経済問題の中心議題となり、国際政治の舞台でも各国のさや当てが始まっている。そんな中で、またしても出遅れているのが、わが日本なのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順