クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

ならず者の砦

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2015年3月12日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島

 ファンファーレが鳴る。「開会式を行いまーす」と、力強い声が甲子園原頭から全国に届く。それを聞いた日本全体の気分が昂揚する。国歌吹奏のうちにセンターポールに国旗が上る。

 私の誤り多い記憶によると、あの式次第は、高校野球を主催する新聞社が日本の愛国心を40数個のコマ切れにして売っていたのである。愛国心は新聞紙面でさんざん叩かれても生き残る、それほど強固なものである。

 英語にPatriotism is the last bastion of scoundrels.(愛国心は、ならず者の最後の砦)という諺がある。国を愛するのは自然である。美しい。気高い。だから多種多様なならず者が、自分は愛国者だと信じ、世間にもそう宣伝して信じさせ、愛国心のカゲに隠れて悪事を働く。愛国心は最も利用されやすい最後の隠れ蓑(最後の砦)だ、というほどの意味である。

 ソウルでリッパート駐韓米大使が刺され、かなりの傷を負った。加害者は、同じ講演会に来ていた政治団体代表(54)で、大使は頬に11センチ、深さ3センチの切創を受け、指や腕にもケガをしたというから、近くに咄嗟の事故に備える警備員などはいなかったらしい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:6
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順