チェチェン、拷問、ウクライナ……深まる「ネムツォフ氏暗殺事件」の謎

名越健郎
執筆者:名越健郎 2015年3月13日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 2月27深夜にクレムリンに近い橋の路上で起きた反体制活動家、ネムツォフ元第1副首相暗殺事件で、ロシア捜査当局はチェチェン共和国内務省部隊に所属したザウル・ダダエフ容疑者ら北カフカス地方出身者5人を逮捕した。黒幕の存在など全容解明にはほど遠いが、「チェチェンの影」は過去の政治的暗殺事件でも浮上している。プーチン体制発足の原動力となった第2次チェチェン戦争以降のチェチェン問題が、政権に付きまとう構図だ。

 

ポリトコフスカヤ事件に酷似

「暗殺事件の捜査は、反体制女性記者アンナ・ポリトコフスカヤ氏の2006年の暗殺事件と同じシナリオをたどっている」(英紙フィナンシャル・タイムズ3月10日)とされるように、アパートのエレベーター内で銃撃されたポリトコフスカヤ氏暗殺事件でも、複数のチェチェン人実行犯がほどなく逮捕された。当時、ドイツ訪問中だったプーチン大統領は会見で、「この記者は政治的役割を果たしておらず、影響はない」とコメントしたが、今回もペスコフ大統領報道官が「政治的に彼は現指導部に脅威ではなかった」と同様の発言をした。

 モスクワ・タイムズ紙(3月10日付)は、「2つの銃撃事件は酷似しており、2人とも4発の銃弾を浴び、捜査当局は監視カメラと携帯電話の通話記録で犯行に使われた車と実行犯を割り出した」と書いた。ポリトコフスカヤ暗殺事件では、連邦保安局(FSB)の幹部が住所をチェチェン人の友人経由で実行犯に教えたとされたが、命令系統などはうやむやにされた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順