深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(87)

「復党第二弾」を強引に乗り切った首相の次なる試金石

2007年4月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

「欠席した三人の票がなければ可否同数だったよ。おー危ない、危ない」 郵政造反組の衛藤晟一前衆議院議員の復党を十対七の賛成多数で決定した三月九日夜の自民党党紀委員会終了後、記者団の前に現れた笹川尭党紀委員長は言葉と裏腹に、反対票が多く出たことをむしろ喜んでいる様子だった。 笹川氏はいわゆる復党反対派ではない。郵政選挙で議席を維持した造反組の現職議員十一人を復党させた昨年も、「落選した候補も見捨てない。救済するときは一括して救済していくのが一番正しい道だ」と落選組を含めた一括復党を主張し、中川秀直幹事長と火花を散らした。今回も衛藤氏だけを特別扱いせず、藤井孝男元運輸相や八代英太元郵政相らほかの落選組の復党も一括して認めるべきだという意見だった。 執行部にお灸を据えてやりたいとの思いからだろう。笹川氏は党紀委の席上、進んで反対論を煽った。「衛藤氏以外にも何人かから復党願が出ているが、幹事長のところで止まっている」「昨年、現職組の復党問題が党紀委員会に付議されたときに私は『落選議員も一緒にどうでしょうか』と申し上げたが、幹事長は『絶対にしない』と。岐阜県議の復党を認めた二月十三日に『衛藤さんはどうするんですか』と聞いたが、やはり『絶対にしない』ということだった」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順