80時間世界一周
80時間世界一周(32)

カンボジアのリゾートを目指すシアヌークビル「裏の顔3点セット」

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2007年4月号
カテゴリ: 国際

 行き交う車の台数があまりに少ないので、実際には普通の舗装道路なのだが、高速道路を走っていると錯覚してしまった。首都プノンペンから車で南西方向に三時間半。カンボジアで唯一の国際貿易港シアヌークビルに到着する。 かつてコンポンソムと呼ばれた港は、前国王シアヌークの名前に因んで「シアヌークの街(シアヌークビル)」と命名された。 そこに今年一月、小さな国際空港が開業した。世界遺産アンコールワットで有名な町シェムレアップとの間に、ロシア製のプロペラ機アントノフ24を就航させ、アンコールワットを堪能した観光客を、海洋リゾート開発中のシアヌークビルに誘致する胸算用だ。週に三便程度だが、今年中にはボーイング737の中古機を導入する予定だと、地元の観光業者の鼻息は荒い。 アンコールワット以外に目ぼしい観光資源がないカンボジアは、これによって世界中の観光客を集めるタイのプーケット島や歓楽街パタヤを目指す。 このシアヌークビルに、中高年の欧米人が僅かな資金を持ちこんで、プレハブ風のホテルやレストランを経営し始めた。とても日本人受けするとは思えないが、一泊七米ドル(約八百四十円)前後で宿泊できることから、長期滞在志向の欧米人にとっては格好のリゾート地になるかもしれない。かつて貧しい漁村であったプーケット島が国際リゾートに変身したことを思い起こせば、シアヌークビルの青写真もまんざらではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順