テロリストの誕生(2)塀の中の仲間たち

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年3月17日
エリア: ヨーロッパ 中東

 フランスにイスラム教徒はどれほどいるのだろうか。一般的には500万人と言われ、メディアでもこの数が広まっているが、何かの根拠に基づいているわけではない。フランスでは宗教を問う世論調査が禁止されているため、移民の数から推測したに過ぎない。宗教から縁遠くなった人が相当数に及ぶとみられることから、実際には200万人程度と考える専門家もいる。仮にそうだとすると、フランスの人口は6600万ほどだから、イスラム教徒の割合はせいぜい3%ほどに過ぎないことになる。

 一方で、イスラム教徒の割合が非常に高い空間も、フランスには存在する。代表的な例が、刑務所である。統計上だと、収監されている人に占めるイスラム教徒の割合は約半数に及ぶ。食事に出される豚肉の食べ残しなどをフランスの社会学者が調べたところ、受刑者の7割ほどをイスラム教徒が占める施設もあったという。

 そのような1人が、後に週刊紙『シャルリー・エブド』を襲撃することになるクアシ兄弟の弟の方、シェリフ・クアシだった。2005年1月、自爆テロリスト候補としてイラクに赴こうとして空港で拘束され、パリ南方フルリ=メロジス刑務所に収監された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順