巨星「リー・クアンユー」死去後のシンガポールの行く末

樋泉克夫

 3月23日の払暁、1959年に就任して以来4半世紀にわたって首相を務め、現在のシンガポールの繁栄の礎を築き「建国の父」と讃えられるリー・クアンユー(李光耀)が、91歳の生涯を閉じた。

 広東省出身の客家の4代目として1923年にシンガポールに生まれた彼の足跡を簡単に綴っておくと、英国留学(1946年)、シンガポールに戻り弁護士(1950年)、PAP=人民行動党創設(1954年)、英国から独立しシンガポール自治州が成立(1959年)、総選挙でPAPが勝利し、初代自治州首相(1959年)、シンガポール州として参加しマレーシア連邦成立(1963年)、マレーシア連邦から分離・独立(1965年)、首相を後任のゴー・チョクトン(呉作棟)に譲り上級相(1990年)、長男リー・シェンロン(李顕龍)の首相就任を機に顧問相(2004年)、顧問相辞任(2011年)――。

 

孫文革命の拠点

 シンガポール中央部の閑静な高層マンション街のど真ん中に、深い緑に囲まれた瀟洒で古風な邸宅風の建物がある。19世紀末に建設され、ゴム園経営で成功した華僑財閥の張永福が母親に別荘として提供したものだ。清末に東南アジア各地で成功した華僑商人の例に漏れず、彼もまた清朝打倒を目指す孫文の革命運動を熱心に支持したパトロンの1人だった。やがてその別荘『晩晴園』は、東南アジアにおける孫文の革命活動の一拠点に変じたのである。

執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順