病気を治すのは「いのちの力」
病気を治すのは「いのちの力」(18)

輸血拒否の「エホバの証人」に向かい合う

執筆者:髙本眞一 2015年3月28日
カテゴリ: 医療 文化・歴史

 1985年、エホバの証人を親に持つ子供が交通事故に遭い、輸血をしなかったために死亡したとの記事が新聞に載りました。それを読んで、私は憤慨しました。親は自分の意思で信者になったとしても、その子供が自らの意思で信者になっているとは限りません。さらに、洗礼を受けていなければ、正式には信者とは言えないのです。
 医師とすれば、輸血をすれば生かせた命を、輸血をしないがために死亡ということになれば、自分が殺してしまったような後悔にさいなまれるでしょう。私は、もし、親がエホバの証人であっても、自らの意思で輸血を拒否しない小児の手術を手がける機会があったならば、親に訴えられ、投獄される可能性があったとしても、絶対に輸血をして命を助けようと決意しています。

 心臓血管外科の医師ならば、必ず数人のエホバの証人の患者さんに出会うのではないかと思います。エホバの証人の患者さんは、病院にくると、まず「治療に輸血が必要な場合にも、絶対に輸血はしないでください。それによって、命が絶たれても訴えを起こしたりはしません」と口頭で説明するとともに文書も提出します。
 心臓の手術でも約半数は輸血なしでも手術ができます。しかし、再手術の場合には癒着があるので、手術に時間がかかりますし、出血もするので、ほぼ輸血が必要になります。あるいは先天性の心疾患の小児なども、もともとの血の量が少ないので貯血(自己血輸血を行う際に、患者自身の血をとっておくこと)もできず、人工心肺を使うと血の濃度が薄くなってしまうので、やはり100%に近い確率で輸血が必要です。エホバの証人の患者さんは、外科医にとって、たいへん難しい方々です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
髙本眞一 1947年兵庫県宝塚市生れ、愛媛県松山市育ち。73年東京大学医学部医学科卒業。78年ハーバード大学医学部、マサチューセッツ総合病院外科研究員、80年埼玉医科大学第1外科講師、87年昭和病院心臓血管外科主任医長、93年国立循環器病センター第2病棟部長、97年東京大学医学部胸部外科教授、98年東京大学大学院医学系研究科心臓外科・呼吸器外科教授、2000年東京大学医学部教務委員長兼任(~2005年)、2009年より三井記念病院院長、東京大学名誉教授に就任し現在に至る。この間、日本胸部外科学会、日本心臓病学会、アジア心臓血管胸部外科学会各会長。アメリカ胸部外科医会(STS)理事、日本心臓血管外科学会理事長、東京都公安委員を歴任。 ↵手術中に超低温下で体部を灌流した酸素飽和度の高い静脈血を脳へ逆行性に自然循環させることで脳の虚血を防ぐ「髙本式逆行性脳灌流法」を開発、弓部大動脈瘤の手術の成功率を飛躍的に向上させたトップクラスの心臓血管外科医。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順