「登録販売者」創設で始まるドラッグストア戦争

2007年5月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

「食うか食われるかの競争が始まる」といわれているのがドラッグストア業界。昨年六月に薬事法が四十六年ぶりに改正され、「登録販売者」制度が新設される。これまで薬の販売は薬剤師だけに限られてきたが、二〇〇九年からは登録販売者も薬を販売できるようになるからだ。 周知のように、薬局が閉まった夜間でも風邪薬くらいはスーパーやコンビニエンスストアで買えるようにすべきだ、という議論が起ったことがある。それがようやく実現するのは、「厚生労働省が規制緩和の流れに沿って改正したものですが、ドラッグストア業界の政治力も効果を発揮した」(製薬業界通)ためだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順