【月】4つの国歌、エホバの証人

執筆者:フォーサイト編集部 2015年3月30日

先週末に、髙本眞一さんの連載「病気を治すのは『いのちの力』」の最終回「輸血拒否の『エホバの証人』に向かい合う」をアップロードしました。「信仰を持つこと自体は人それぞれの自由です。ただ間違った解釈をしている部分に関しては、それを指摘し、命を守ろうとするのも医師の大切な仕事です」と髙本氏は訴えます。

本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(74)4つの国歌:リー・クワンユー氏が私に語ったこと」です。最初は英国国歌、次が君が代、3番目はマレーシア国歌。リー・クワンユー氏がシンガポール国歌を歌うことになったのは、1965年の建国の後のことでした。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「米大統領選出馬一番乗り『クルーズ上院議員』の戦略」(足立正彦さん)の新エントリ。民主・共和両党を通じていち早く出馬宣言をした共和党のクルーズ氏。党内保守派の中でも強硬派としてしられていますが、一番乗りにはそれなりの戦略があるようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順