饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(112)

日仏友好の象徴だった大相撲「大統領杯」のゆくえ

西川恵
執筆者:西川恵 2007年5月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 大相撲春(大阪)場所の千秋楽の三月二十五日、優勝した大関白鵬に恒例の「フランス共和国大統領杯」が贈られた。土俵に上ったアラン・ナウム総領事は「優勝おめでとうございます」と日本語で賞状を読み上げ、杯を手渡した。本来はジルダ・ル・リデック大使が直々に手渡すが、大使は所用で大阪に来られず、総領事が代理で出た。 同じころ、東京のフランス大使館広報部の担当者は大忙しだった。パリのエリゼ宮(大統領官邸)に幕内の取組結果を、詳細な決まり手とともに報告しなければならないからだ。これは時を置かずしてシラク大統領に伝えられたはずである。 場所中の十五日間、結びの一番が終わるとすぐに取組結果をエリゼ宮に送るのは、シラク大統領がその座についてこの十二年、フランス大使館の欠かせぬ仕事になってきた。送った後も気を抜けない。「大統領がもっと詳しく知りたがっている」と連絡が入ることがあるからだ。 大統領の相撲愛好家ぶりはつとに知られている。決まり手を熟知し、相撲観戦では夫人や側近に解説する。ジャーナリストのピエール・ペアン氏が半年間にわたるインタビューをもとに同大統領の半生をたどった近著『エリゼ宮の見知らぬ人』はいまフランスでベストセラーだが、この中で大統領は「日本の相撲は単なるスポーツではなく、すぐれて精神性の高い伝統行事である」と語っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順