「交渉相手国はいずこ」米韓FTAに焦る台湾

2007年5月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 米国と韓国が自由貿易協定(FTA)締結交渉で妥結したことで、台湾当局が焦りを強めている。台湾は半導体や液晶パネルなどハイテク製品の輸出で韓国と競合関係にあり、今後の対米輸出でハンディを負うのは確実。経済部(経済省)は台湾のGDP(域内総生産)成長率を〇・〇五ポイント押し下げる要因になると試算する。 台湾も二国・地域間FTAの重要性はよく理解しており、パナマなど三カ国と締結し、三カ国と交渉中だ。しかし、対象は外交関係のある中南米の小国ばかり。「WTOの正式メンバーである台湾はFTA締結の権利を持つ」(陳水扁総統)と主張するが、中国を気にする主要国の反応は冷たい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top