ジェマア・イスラミアが「暗殺」に戦術を転換か

2007年6月号
カテゴリ: 国際

 そのアル・カエダと関係の深い東南アジアのテロ・ネットワーク「ジェマア・イスラミア(JI)」が、これまでの爆弾テロ路線を変更して、要人暗殺を念頭に作戦を練っている可能性の高いことがわかった。 これは今年初めからインドネシア治安当局が摘発したJIのメンバーの供述などにより判明したもので、ジョクジャカルタで逮捕されたメンバーは、中部ジャワ州サラティガにあるキリスト教系大学の学長や、中部ジャワの高等検察庁検事長の暗殺を計画していたことを自供、その後の捜査などからも「VIP対象の暗殺」計画の存在が明らかになったという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順