インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

横山ノック氏も一役買った? 北朝鮮とクリントン政権の「関係」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2007年6月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 北米 朝鮮半島

 このほど死去した横山ノック前大阪府知事。ドタバタ悲喜劇ばかりの人生かと思いきや、実は、米情報機関が注目した裏の行動があった。 一九九六年八月シカゴで開かれた米民主党大会に「横山ノック知事が出席する」という情報を、米中央情報局(CIA)が、日本側のカウンターパートに問い合わせてきたことがあった。結局その時は彼の訪米は実現せず、日米の情報機関が監視に動くことはなかった。この民主党大会は、クリントン大統領を大統領候補に難なく再指名した。 ではなぜ、米情報機関は横山ノック氏の訪米に注目したのか。「アーカンソー州知事時代以来のクリントン前米大統領との関係に秘密がある」と在京国際情報筋は言う。 同筋によると、横山ノック氏は参議院議員時代、北朝鮮系商工団体幹部に頼まれ、クリントン知事支援に手を貸した。献金したとも言われる。横山氏は九三年クリントン氏の一期目の大統領就任式に出席したという。 横山ノック知事自身、クリントン大統領との関係に触れた発言をしたことがある。九五年十一月大阪で、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開かれる前のことだ。 当時「大阪を大いに売り込みたい」と張り切っていた知事は、質問を受けて、「クリントン大統領に『私の顔を覚えてますか』と聞いてみるつもり。『知らん』言われたらどうしよう」と答えている。残念ながら、ワシントンは米議会の予算審議が紛糾して連邦政府窓口が閉鎖される異常事態に至り、クリントン大統領は会議を欠席、代理でゴア副大統領が出席した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順