80時間世界一周
80時間世界一周(34)

太平洋の“楽園”を舞台にキリスト教の熾烈な布教競争

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2007年6月号
カテゴリ: 国際

 抜けるような青空ばかりを毎日見続けると、曇りや雨の日が恋しくなる。「美しい」四季を知る日本人にとって、一年中夏日の南太平洋は決して楽園ではない。しかも、国際的に高い評価を得ているホテルやレストランが驚くほど少ないので、ハワイのような国際水準のリゾートを夢見て行くと、がっかりすること請け合いだ。やや洗練されたリゾートタウンといえば、「天国に一番近い島」と形容された仏領ニューカレドニア島の都、ヌーメアぐらいだろうか。孤島のリゾート感覚を楽しむのであればタヒチやサモアもあるが、とにかく日本から遠い。十九世紀末、画家ゴーギャンがパリの喧騒から逃れてやってきた島が仏領タヒチであった。 太平洋の島々と一口にいっても、実にさまざまだ。広大な太平洋には三つのネシア(島々)が点在するが、国際日付変更線を縦軸に、赤道を横軸に線引きすると、次のようになる。北西海域がミクロネシア(小さな島々)、南西がメラネシア(黒い島々)、そして北東と南東がポリネシア(たくさんの島々)だ。 十九世紀から二十世紀の「帝国主義の時代」、太平洋の島々は、英国、米国、ドイツ、フランス、日本などによる植民地競争の舞台となった。グアムやサイパンに代表されるミクロネシア圏は米国と日本の植民地に。パプアニューギニア、ソロモン諸島、フィジーを抱えるメラネシア圏は英国やオーストラリアが領有化。外国人観光客が「南太平洋」をイメージするタヒチ、トンガ、サモアなどのポリネシア圏は米国、ドイツ、フランスの支配下となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順