「松岡―林野一家」連帯構造の成立と崩壊

執筆者:木村智之 2007年7月号
カテゴリ: 政治 社会
エリア: 日本

改革を潰して“林野一家の守護神”となった男は、農水相として“構造”の頂点に立った。しかし、過去を消すことはできず――。「政治生命の危機に瀕して、進むことも戻ることもできなかったんだろう。十年前、身体を張って守った林野の利権に、最後は自分自身ががんじがらめにされていたのかもしれない」 松岡利勝前農水相の自殺から数日が経った六月初旬、自民党の元ベテラン秘書はそう述懐した。「森林を育て林道を通すという治山治水事業は、党内でも特殊な分野だった。林野といえば、昔は竹下(登・元首相)さんが絶対的存在。全国の山持ちの団体と林業土木業者は、竹下さん一辺倒だった。同じ派閥の議員でも、山のことが分からない人はまったく手が出せなかった」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順