今なぜブラックストーンは上場するのか

執筆者:喜文康隆 2007年7月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

「私は、資本主義を次のように、より限定的に定義します:資本主義とは、私的所有によって特徴づけられたすべてのシステムのうち、生産要素の新結合を実行し、信用創造を含むところの亜種である、と。私は、この特質を本質的な事柄と考えています」(J. A. シュンペーター『資本主義は生きのびるか』)     * 世界最大の投資ファンド、ブラックストーン・グループは五月下旬、年内にニューヨーク証券取引所に上場するとともに、中国から三十億ドル(約三千六百億円)の無議決権株取得による出資を会社本体に受け入れることを発表した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順