饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(114)

12年ぶりの主役交代で「エリゼ宮の饗宴」が変わる?

西川恵
執筆者:西川恵 2007年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 最後の昼食会は賛辞と祝福の言葉が飛び交った。五月九日、フランス大統領官邸エリゼ宮での、ドビルパン首相と全閣僚を慰労する、シラク大統領主催のさよなら昼食会のことである。 三日前に行なわれた大統領選挙の決選投票ではサルコジ氏が当選し、五月十六日に新旧大統領の引き継ぎがなされることになっていた。昼食会の前に行なわれた最後の閣議では、シラク大統領は「皆さんは自分たちが成し遂げた仕事を国民に誇っていい」と述べ、ドビルパン首相は「われわれだけでなく、国民にとってもシラク大統領を失うのは残念です」と語った。 ガラス張りの天井から春の陽差しが差し込む「冬の間」で昼食会はもたれた。 〈料理〉 ヨーロッパアカザエビの衣揚げ ポイヤックの仔羊の腿肉の蒸し煮、野菜と生パスタ添え チーズ デザート 〈飲物〉 シャトー・ランシュ・バージュ95年 シャンパン テタンジェ95年 白ワインがないのは、シャンパンを、デザートだけでなく前菜にも合わせたためである。エビの衣揚げに辛口のテタンジェのシャンパンは、想像するだにドンピシャリの組み合わせだ。 主菜に合わせたシャトー・ランシュ・バージュはボルドー地方メドック地区の第五級という高級ワインで、華やかさで知られるポイヤック村の赤ワイン。ポイヤック村の仔羊に同じ村の赤ワインを合わせるのは美食家の定石である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順