クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

沈没船の謎を抱いた底の知れない大海原

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2007年7月号
カテゴリ: 文化・歴史

 地球上に「時」の基準線を引いた英国グリニッジ。その町を流れるテムズ下流に繋留してあった帆船カティサークが全焼したという。五月二十一日、グリニッジ標準時で午前四時四十五分頃の出火。放火らしい。 一八六九年(明治二年)建造。全長八十六m、全幅十一m、九百三十六グロストン。上海で新茶を積むや満帆に風を受けて奔り、喜望峰回り百二十日余で英国の紳士淑女の食卓にティーを届けた。帆を張った姿? スコッチ・ウィスキー「カティサーク」の瓶を見てください。 ジェームズ・クラベルの長編小説『タイパン』は、カティサークより二十数年前、英国が第一次アヘン戦争に勝ち香港を手に入れた時期を扱っている。どの船が一番茶をロンドンのテーブルに早く届けるかで、二人の男がシノギを削る。私はその本をベトナム前線の基地で、いつ来るか知れない輸送機を待ちながら読んだ。 その予備知識があったから、クラベルの次作『ショーグン』が米国で大売れし始めたと聞き、読んで短い紹介文を書いた。するとクラベルから「真っ先に『ショーグン』を読んでくれた日本人に」とカードを添えた桜の苗木が届いた。 我が家の庭には、すでに桜が二本ある。私は苗木を向かいの小公園に植えた。以後何年も花が咲かない。それをスイスのシャトーに住むクラベルに知らせると「残念、無念」と返事が来る。私は「待つ時間が長いほど、咲いた喜びは大きい」と返事をファクスで送った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順