選挙の季節に突入した台湾「運命」の分かれ目

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2007年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

日本の参院選に始まり、中国共産党大会、韓国大統領選と、これから半年あまり、東アジアは政治の大イベントが続く。見逃してはならないのが、台湾の総統選・立法院選のゆくえだ。[台北発]二〇〇八年の前半、台湾は四年に一度の「祭り」を迎える。 一月十二日に国会にあたる立法院選挙、三月二十二日に総統選挙、そして五月の新旧総統の交代。総統の交代後には中断して久しい中台対話の再開など、重大な変化が両岸関係に訪れることも有力視される。皮切りとなる立法院選挙まであと半年足らず。総統選レースもすでに火ぶたを切り、人口二千三百万の島には次第に選挙の熱気が漂い始めた。「来年は、台湾の運命が大きく変わる一年になる」 そんな予感を、台湾で政治に携わる人々の多くが共有する。中国との統一支持か、台湾独立支持か、あるいは「非統非独(統一でも独立でもない第三の道)」支持かを問わず、だ。陳水扁(五六)政権下の七年間に繰り広げた民進党と国民党の「仁義なき戦い」は、台湾に政治、外交、安全保障、経済、社会生活など、あらゆる分野で停滞や混乱をもたらした。台湾の生き残りのために、今の政治状況を抜本的に変える必要を、台湾の人々は知っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順