ブラウン政権が目指す「移民の価値観」の転回

執筆者:マイケル・ビンヨン 2007年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

[ロンドン発]ロンドンの繁華街ピカデリーサーカス近くのナイトクラブ前に駐車したベンツには、携帯電話を使った遠隔操作式の爆弾が積まれていた。第一報に接したイギリスの多くの人々の最初の反応は、「またしても……」というものだった。続いて人々は、爆発していれば何百人もの死傷者がでていたかもしれないテロが、奇跡的に未然に防がれたことに安堵の息をついた。 ガソリンの臭いを漂わせ、煙を出す不審な車に気づいたのは、別の任務で出動していた二人の救急隊員だったことから、民間の警備員や一般の人々も含め、引き続きテロに対する警戒を怠らないことの重要性が強調された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順