第17回党大会を迎える中国の「近代国家」への遅々たる歩み

執筆者:藤田洋毅 2007年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

五年に一度の中国共産党大会は、文字通りこれから五年の中国の行方と、誰が政治の主導権を握るかを決める。だからこそ、必死の権力闘争が……。「バランス調整に腐心する時期は終わりました。新たな勢力配置にメドをつけ、誰に気兼ねすることもなく自前の政策を打ち出せるのです」 中国共産党中央の中堅幹部は言い切った。十月に開催を予定する第十七回党大会に向け、中南海では激烈な権力闘争が繰り広げられてきたが、胡錦濤総書記(国家主席、党中央軍事委員会主席)が圧倒的な優位を確保する「流れは揺るぎない」という。公式序列は五位ながら実質ナンバー2で最大のライバル、曾慶紅国家副主席(中央党校校長)の引退が“内々定”したのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順