“勝った”からこそ険しい小沢民主党の前途

2007年9月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

明らかに党内には“世代間分裂”が拡がりつつある。「選挙に勝つためのなりふり構わぬ姿勢」が続けば、政権交代など遠ざかるばかりだ。 参議院選で大勝した民主党の小沢一郎代表が、最終目標である自民党からの政権奪取に向けて攻撃姿勢を強めている。政権を奪うためには、安倍晋三首相を衆議院解散・総選挙に追い込んで、衆院選でも自民党に勝利することが不可欠。そこで、攻撃の手を緩めないことが肝心だとばかりに、テロ対策特別措置法の延長問題など、手当たりしだいに自民党に噛みついている。 だが、実際には、小沢氏周辺が考えるほど民主党の前途は平坦ではない。その理由のひとつは、小沢氏の党内基盤がさほど盤石ではないこと。もうひとつは、選挙戦を有利に戦うために無理して打ち出してきた政策のツケを、いずれ払わざるを得なくなるからだ。 参院選の選挙戦も真っ盛りの七月中旬、地方遊説でたまたま合流した複数の民主党保守系若手議員が食事をとりながら会合を開いたことがある。そこでの議員らの共通認識は、「何でも政略に結びつける小沢さんのやり方は、衆院選ではうまくいかない」という直感だったという。 さらに重要なのは、彼らが、来年の民主党代表選で岡田克也元代表を擁立する可能性について意見交換したことだ。小沢氏には代表の座からお引き取り願おうというわけだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順