インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

エストニアを襲ったのは誰だ? サイバー戦に備えるロシアの新組織

春名幹男
執筆者:春名幹男 2007年9月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ロシア

 あの奇妙な事件は、今年四月から五月にかけて、旧ソ連構成国だったバルト三国の一つ、エストニアとロシアの関係が急速に悪化した時に起きた。 エストニアが首都タリンの中心部に置かれていたソ連兵士の記念碑を撤去し、郊外の墓地に移転したことから、騒ぎは広がった。エストニアは今や北大西洋条約機構(NATO)、欧州連合(EU)の一員だが、バルト三国にはソ連に併合された屈辱の歴史がある。ソ連兵士記念碑は、ソ連による「不法占領」の象徴とみなされてきたのだ。 ロシア側はこれを許し難い暴挙と考えた。プーチン露大統領を熱烈に支持する青年組織「ナーシ(友軍)」数百人がモスクワのエストニア大使館に押しかけ抗議した。現代版の「ヒトラー・ユーゲント(青少年団)」だ。 その時期に、エストニアに対する激しいサイバー攻撃が二週間以上にわたって繰り返された。ターゲットにされたのは、エストニア外務省や国防省などの政府機関、民間銀行や主要新聞社など。大量のスパム攻撃を受け、サーバーは処理能力を超え、クラッシュしたという。ホームページに、エストニアを非難するロシア語のプロパガンダが書き込まれる被害もあった。「これほどの規模のサイバー攻撃は過去に例がない」と英エコノミスト誌は伝えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順