インドネシア人研修生「不法再入国」の真因

出井康博
執筆者:出井康博 2007年9月号
エリア: 朝鮮半島 日本

 インドネシア・ロンボク島出身のアデ君(仮名・二八)は、東京都内にある大型車の修理工場で働いている。二〇〇四年に外国人研修・技能実習制度(以下、研修制度)で来日。三年の研修期間を終え、今秋に故郷へと帰国する。今の悩みは、帰国後の生活だ。 日本で覚えた仕事はロンボク島にはない。帰国後、他の研修生と一緒に現地日系企業の面接を受けるつもりだが、職を得られるのは十人に一人以下。日本での研修内容よりも語学力が求められる面接で、日本語検定三級レベルのアデ君が採用される見込みは低い。「日本に来たことは後悔していません。でも、研修は考えていたものとは全然違った」 インドネシアでは、建設現場のアルバイトなどで食いつないでいた。月収はせいぜい日本円で一万円ほど。研修制度に応募したのは、「日本に行けば金を稼げ、しかも最先端の技術が学べる」と思ったからだ。 日本の研修生派遣機関が主催し、ロンボク島で行なわれた選抜試験には、一千人近い若者が集まった。難関を突破し合格者の七十人に選ばれたときは、天にも昇る思いだった。 インドネシアから来日する研修生は毎年三千人を超え、国別ではトップの中国に次ぐ。ほとんどが二十代前半の男性で、研修先には製造業が多いのが特徴である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順