饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(116)

ホワイトハウスを盛り上げた名物シェフの“デザート外交”

西川恵
執筆者:西川恵 2007年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 ホワイトハウスのデザート担当シェフで、三年前に引退したローランド・メスニエール氏(六三)が本を出した。題して『大統領のお菓子のすべて――二十五年間のホワイトハウス』。外国の賓客が喝采した創意工夫を凝らしたデザート、お菓子が取り持った米大統領夫妻、家族との交流など、デザートがホワイトハウスの中で占める大きな役割を明らかにしている。 米社交界で同氏を知らぬ人はいなかった。国賓歓迎宴や記念の饗宴の度に「今度はどんなデザートか」が話題になった。 例えばイラク戦争が終結した二〇〇三年のブッシュ大統領の誕生日(七月六日)。同氏はチョコレートで作った空母に、これもチョコレートの戦闘機が着艦する模様をデコレーションケーキにした。マジパン(挽いたアーモンドと砂糖、卵を練り合わせたもの)で作った二匹のイヌとネコも艦上で待ち受ける。「誕生日おめでとう、トップガン」と書かれた砂糖菓子の旗。 大統領が同年五月一日、映画「トップガン」を連想させるパイロット姿で空母に着艦し、イラクでの大規模戦闘の終結を宣言した演出を模したのだ。イヌとネコは大統領のペット。チョコレートケーキが運ばれると、大統領は大感激で、広間は招待客の喝采に包まれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順