うごめく中国版SWFに「西側」躍起の包囲網

2007年9月号
エリア: 中国・台湾

 欧州の銀行買収合戦にまでチャイナマネーが姿を現わした。オランダのABMアムロ銀行の買収をめぐり、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)など三行連合と、英バークレイズ銀行が争っている。七月下旬、バークレイズは買収提案額に上乗せすることを発表。資金源は、中国の国家開発銀行とシンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスだった。 バークレイズは自社株最大一九%と引き換えに百三十四億ユーロ(約二兆円)の資金を捻出。欧米各国首脳は、アジアの国家ファンド(SWF=sovereign wealth funds)に対する不信感をさらに募らせたことだろう。「ソブリン・ファンド」とも表記されるSWFは、国家機関が外貨準備や年金資金などを元手に運用するもので、それ自体はあらゆる国が行なっている。だがドイツのメルケル首相は七月初旬、「EU(欧州連合)は規制を設けて、SWFが購入可能な金融商品を限定すべき」との見解を示した。欧州委員会のマンデルソン委員(通商担当)は、国家戦略に関わる企業が買収されないよう、黄金株(敵対的買収などへの拒否権付き株式)を導入するようEUに提案した。米財務省は国際通貨基金(IMF)に対し、SWFを対象にガイドラインを設定するよう求めている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順