80時間世界一周
80時間世界一周(37)

イスラム原理主義の地で布教を競う韓国人たち

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2007年9月号
カテゴリ: 国際

 アフガニスタンには、日本人が想像するような「高速道路」はない。にもかかわらず一部のニュース報道では、英語の「ハイウェイ」を「高速道路」と翻訳していた。 以前、本欄で言及したように、途上国で見かけるハイウェイとは通常、舗装された幹線道路のこと。「高速道路」の表記には、いつもながら違和感がある。 その「アフガニスタンの高速道路」で、七月中旬、韓国の医療ボランティアが拉致・誘拐された。韓国のキリスト教系NGO(非政府組織)メンバーの男女二十三人は、首都カブールと南部の拠点都市カンダハルを結ぶ幹線道路を大型バスで通過中、反政府勢力タリバンに包囲、拉致された。 日本外務省はカブールを含むアフガニスタン全土を「渡航の延期」に指定し、「退避を勧告」している。しかもカブールから南はアフガニスタンで最も危険な地域で、米軍はもちろんのこと、NATO(北大西洋条約機構)を主体とした国際治安支援部隊(ISAF)が重点警備地域に指定しているほどだ。 アフガニスタンには韓国軍二百人も派遣されているが、カブールの北六十キロにある安全なバグラム空軍基地に駐留しているし、医療などの人道支援活動、テコンドーやハングル教室の開催なども、北東部の比較的平和な地域で行なっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順