クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

女性に嫌われるヒラリーの不思議

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2007年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 政治家というのは、私の最も嫌う種類の職業である。選挙になるとペコペコする。到底できないことを、しますと約束する。平気で国を売る。そういう行為を彼らにさせるほど、彼らの競争すなわち選挙には、人を夢中にさせる魔力があるのだろう。幼い頃、親は私に諭して、なってはいけない職業を二つ挙げた。「政治家と弁護士はアカンよ」というのだった。 先日の参院選で「勝ちすぎ」を演出した小沢一郎氏は、支持固めの第一歩に中国へ行って胡錦濤主席に会った。安倍晋三氏が首相になる前のことで、靖国神社への参拝問題が参院選の争点になりそうなときだった。「私は参拝しません」と約束しに行ったのであろうか。 野党首脳の外交だから詳しくは報じられなかったが、内政に外国を引っ張り込むのは、政治家の最も戒むべき行為である。それを敢えてした小沢氏を、新聞は咎める色なく、逆に「小沢さん、小沢さん」と、隣家の気のいいオジサンを呼ぶような気安さで呼んでいる。 日本がすでにそのザマである。来年は私にとって、さらに忌わしい一年である。閏年の常としてオリンピックがあり、アメリカに大統領選挙がある。人類狂気の年である。 前者には大中華帝国の威信がかかっている。中国の政治家は、北京市内の売春婦や精神障害者全員を遠い田舎へ疎開させ、笑顔を作って外国の選手団、記者団を迎えるだろう。競技は中国選手が圧勝する。中国主席は貴賓席から全世界に向かって鷹揚に手を振り、一九三六年ベルリン五輪のアドルフ・ヒトラーそっくりのポーズをとる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順