インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イラクの情報機関が分立・暗闘 背後にある米‐イラン情報戦争

春名幹男
執筆者:春名幹男 2007年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 夏休み最後の休日、九月三日のレーバーデーにブッシュ米大統領がイラク中西部アンバル州のアルアサド米軍基地を電撃訪問した。 前週、大統領はペンタゴンに国防総省首脳らを集め、新しいイラク戦略を承認した、と伝えられる。それまでは、マリキ首相らシーア派の多数派勢力によるイラク国内の治安掌握を黙認していたが、今後は少数派のスンニ派勢力を支援し治安強化の役割を負わせる、という戦略だ。 訪問先のアンバル州はまさにスンニ派穏健勢力の拠点。大統領は、彼らがアル・カエダ武装勢力を掃討し、治安を改善する成果を挙げた、とぶち上げるのが訪問の目的だった。 実はブッシュ政権のスンニ派テコ入れにはある事情が隠されていた。 イラクではいま、スンニ派とシーア派の二つの情報機関が並立、水面下で主導権争いを繰り広げており、ブッシュ政権はスンニ派情報機関を支持しているのだ。 新イラク憲法に基づき二〇〇三年に設立された情報機関「イラク国家情報局」(INIS)のことは〇五年十二月号のこの欄で紹介した。 だが、それに加えて昨年、イラク国家治安庁情報機関が発足したのである。 INISは、モハメド・アブドゥラ・アルシャフワニ長官ら旧イラク軍将校が率いるスンニ派中心の組織。これに対して国家治安庁情報機関はシーア派の組織で、イランの支援を受けている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順