「iPhone」が放った三つの衝撃波

2007年10月号
エリア: 北米

アップルの野心作が世界に与える影響は大きい。パソコンから“ITの主役”の座を奪う動きが決定的に――。 八月下旬、米ニュージャージー州に住む十七歳のジョージ・ホッツ君は一躍、時の人となった。本来なら米AT&Tと通信契約を結ばなければ動かない米アップルの新型携帯電話「iPhone(アイフォン)」を、他の携帯電話の通信事業者(キャリア)のサービスでも使えるようにする「改造方法」を編み出し、詳細な手順をブログに掲載したからだ。米ニューヨーク・タイムズ紙をはじめ主要メディアがこぞって取り上げ、表情にあどけなさの残るくせ毛の少年の写真が世界に配信された。 AT&TによるiPhoneの米国内での独占販売に挑む「腕自慢」はホッツ君に限らない。六月末の米国での発売直後から、同様の手順を編み出してインターネット上に公開する動きが相次いでいる。どうやら、アップルがAT&Tに認めさせた「携帯業界の常識破り」ともいえる仕組みがハッカーたちの「チャレンジ精神」を刺激したようだ。「AT&Tからの“支払い”を売り上げとして計上する計画だ」。アップルのピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)がそう明かしたのは、四月二十五日の一―三月期決算発表の場だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順