ネット商品先物取引に賭ける元経産省エリートの「将来性」

2007年10月号
エリア: 日本

 インターネットを使った商品先物取引会社、ドットコモディティが、同業の二社と十月一日に統合する。相手はひまわりシーエックス(CX)とアストマックス・フューチャーズで、両社のネット取引部門を分離してドットコモディティに統合するものだが、経済産業省が商品先物市場の活性化策として打ち出したネット取引の推進や、東京工業品取引所が進める取引時間の二十四時間化を先取りしたものだという。海外の先物市場では穀物や原油など資源が高騰し活況を呈しているのに比べ、日本の先物市場は低迷中だけに、二社を統合するドットコモディティが改めて注目されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top