鳴かず飛ばずの東映が狙われる理由

“世襲”の経営者のもとでヒット作を出せないかつての名門。不動産に目をつけたファンドが筆頭株主に躍り出て――。「故郷で名誉市民に選ばれ、感慨深いものがあります」 八月十日、東映名誉会長の岡田茂(八三)は出身地である広島県東広島市の名誉市民顕彰式でこう挨拶した。 日本映画界のドンとして脚光を浴びてきた岡田だが、一時期体調を崩し、昨年九月の俳優・丹波哲郎の葬儀では長年の部下である高岩淡・東映取締役相談役(七六)が代わりに弔辞を読んだこともあり、「重病説」も囁かれていた。岡田の消息をメディアが報じたのは久々のことである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順