クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

小田実に抱いてきた小さな「私憤」

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2007年10月号
カテゴリ:

 横浜の大桟橋で船を降り、タクシーに「横浜駅へ」と命じると、道の左側を走り出した。一年間の留学中に右側通行に慣れていた私はビックリした。五十年近い昔の話。 大阪へは夜行列車で帰る(新幹線はまだなかった)ことにし、まず九段のフルブライト委員会へ帰国報告に行った。 中年のアメリカ人が私の話を聞いてメモを取った後、言った。「あなたの先輩の中に留学中のことを書いて、たいへん有名になった人がいます。あなたも有名になって下さい」。それが小田実氏、本はその年に出た『何でも見てやろう』だった。 東京オリンピックが始まって終わり、「ベトナム反戦」の時代が来た。ベ平連の創設者・小田氏は、ますます有名になった。私は新聞社の特派員としてバンコク駐在を命じられ、そこでベトナム大混乱の報に接した。一九六八年一―二月の旧正月攻勢である。サイゴンの米大使館も一時はベトコンに占拠され、ベトナムのほとんど全部の都市が一斉攻撃を受けた。「応援に行こうか」東京本社に電報を打つと「お願いする」と返電があった。バンコク郊外の米軍基地に行くと「武器弾薬の輸送中だ。空きができれば乗せてやる」と言う。むろんエアラインは全面欠航である。八日目に空きができた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順