【インタビュー】竹中平蔵(慶應義塾大学教授・グローバルセキュリティ研究所所長) ここで改革をやめれば日本は危機に直面する

執筆者:フォーサイト編集部 2007年11月号
エリア: 日本

「安定した成長」を続けるだけでは、日本は米中に置いていかれる。構造改革を進めるためには、何をすべきかを見極めなければならない。それが「大状況的政策マーケティング」だ。 福田首相の下で、構造改革は本当に続行されるのか。もし、続行する意思と能力を新内閣が備えているなら、何をなすべきか。五年五カ月、小泉内閣で改革の先頭に立ち続けた竹中平蔵元総務大臣に聞いた。――新政権の課題として「政策マーケティング」をすべきだと説いておられます。竹中 民主主義社会においては、たとえどんなに良い政策であろうとも、国民に具体像が見えなければ、あるいは多くに反対されては長続きしません。そのために政策の優先順位を決めるマーケティングが必要です。ただ、これには「大状況的マーケティング」と「小状況的マーケティング」の二種類がある。前者は、大きな変化の流れを作り、社会の体質を変えていくようなもの。小泉内閣の郵政民営化や不良債権処理がこれに当たります。後者は、困っている人に配慮し、助けるためのもの。たとえば、その是非はさておき、高齢者の医療費負担増の凍結といったものです。福田内閣はいまこれを検討していますが、私は大状況的マーケティングをやって欲しいのです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順