ソマリアの若者を糾合するイスラム原理主義過激派

2007年11月号
カテゴリ: 国際

 東アフリカの“無政府状態国家”ソマリアで、イスラム原理主義過激派によるテロ攻撃が止まない。昨年末に米軍とエチオピア軍の支援を受けた暫定政府が首都モガディシオを制圧。三月から四月にかけて多数の民間人を巻き込む猛攻で過激派の一掃を試みたものの、今なお、アフガニスタン人のアル・カエダ系テロリストが入り込んでソマリアの若者を組織化しているとの情報がある。ソマリアは今やイラクと並ぶ「反米戦争」の主戦場となっているのだ。 九月二十二日夜、モガディシオ北部の暫定政府軍基地が「アル・シャバブ」と称する原理主義過激派に襲撃され、暫定政府の兵士五人が死亡、八人が負傷した。十月五日夜には同派とみられる五人組が、車で移動中の暫定政府の陸軍将校を射殺。このほか九月には道路脇に仕掛けられた爆弾の爆発が相次いだ。 在モガディシオの暫定政府筋によると、アル・シャバブを率いているのはハッサン・アフラーというアル・カエダ系のアフガニスタン人テロリストとみられる。昨年末までモガディシオを支配していた原理主義勢力「イスラム法廷会議」の最高指導者アウェイスがソマリア中部の出身だったため、ハッサン・アフラーの下にはソマリア中部出身の若者が続々と「入隊」しているという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順