インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

情報機関がアウトソーシング!? CIAに跋扈する「緑のタヌキ」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2007年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 久しぶりに米首都ワシントンで取材した。旧知の元政府高官に会い、国立公文書館で古文書を繙くうち、あっという間に予定の十日間が過ぎた。帰国が翌朝に迫った夜、元米中央情報局(CIA)工作員の友人のことを思い出し、自宅に電話した。「空港までマイカーで送るよ」と、土曜の朝のことなのに親切に言ってくれた。 いま何をしているのか具体的なことは一切話してくれなかったが、口ぶりから、また秘密の仕事に戻ったな、と直感した。CIAを辞めて約二十年、今度はCIAとは違う機関で外部コンサルタントをしているようだ。 ダレス国際空港でお茶を飲み、約一時間話ができた。「CIAは、いま仕事の五〇―六〇%をアウトソーシングしている。国防総省の外注はもっとだ。予算も大幅に増えている」 情報機関がアウトソーシングとは大胆だ。一体どの部分をどのように外注しているのか。 イラクでは、駐イラク米大使の警護などを請け負っている「ブラックウォーター」という警備会社の警備員が過剰な武力行使で無実のイラク市民に発砲、十七人を殺害し、大問題に発展した。米国防総省などが雇っている、いわゆる民間軍事会社(PMC)の要員は推定十八万人でイラク駐留米軍(約十六万五千人)を上回り、問題化している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順