金正日の肥満に見る「政治性」と「危険性」

執筆者:黒田勝弘 2007年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

繰り返し流れる健康不安説。今回の南北首脳会談でも見事な“太鼓腹”を披露したが、そこには奥深い理由がありそうだ。[ソウル発]七年ぶりに平壌で行なわれた第二回南北首脳会談(十月二―四日)における最大の印象は、金正日総書記の“太鼓腹”だった。その肥満ぶりは以前からのものだが、今回はそれがいやに目立った。平壌に到着した盧武鉉大統領を迎える歓迎式で、その張り出した太鼓腹がタテ、ヨコ、ナナメあらゆる角度からテレビに映し出されていた。 なぜ今回ことのほか目立ったかというと、顔や頭髪は年齢(満六十五歳)に比べ老けてみえ、さらに下半身もまた(ズボンの中だったが)その歩行ぶりから、それほどしっかりしているとは思えなかったのに、腹だけがパンパンに張り出していたからだ。 これは間違いなく異常である。彼の身長は百六十センチ台の前半と見られているが(靴がハイヒールになっていて実際より高く見える)、あの体形は実にいびつである。今、世界の指導者のなかであんな体形はどこにも見当たらない。 そしてナゾは、なぜ彼がその肥満をそのまま放置(?)しているのかということだ。 筆者(黒田)は彼と同年輩だが、近年、人間ドックなど定期健診のたびに医者からきまって言われるのは「体重を減らしなさい」である。彼に比べると肥満度は問題にならないくらい低いにもかかわらずだ。われわれの年齢からして、高血圧や糖尿、痛風などいわゆる成人病、今風に言う生活習慣病の最大の敵は肥満ではないか。そして医者は言う、「早死にしたくなければ体重を減らしなさい」と。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順