中国が新鋭戦闘機をイランへ はたしてその真偽は

2007年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 中東

 中国がイランに対し、最新鋭戦闘機を大量売却するとの情報が流れている。情報の出所はロシアの軍事関係筋で、中国が十月にイランとの間で国産の「殲10」(J10)戦闘機二十四機を総額十億ドルで売却することに同意したという。引き渡しは二〇〇八年から数年かけて行なわれる模様だ。 J10は中国の成都飛機工業公司が二〇〇四年に生産を開始、〇五年から中国軍が実戦配備しており、欧米の主力戦闘機にひけを取らない戦闘能力を持つとされる。 中国当局は売却合意情報を否定しているが、イランの首都テヘランの消息筋は、イラン軍高官が大筋確認したとしている。 また、イスラエル当局に極めて近いテルアビブの情報筋によれば、イスラエル政府もイランがJ10を購入するとの情報をつかんでいるという。 ワシントンのある軍事筋は「中国とイランがJ10売却について協議してはいるが、まだ合意していないとの情報を入手した」と言い、「売却合意説は、米国による台湾へのF16売却を阻止するため、中国がわざと流した“牽制”だ」と述べている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順