クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

女性の胸元を飾るビルマ軍政の利権

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2007年12月号
カテゴリ: 国際

 明治三十一年に横浜・山手の居留地に生まれ、八十三歳でニューヨークに死んだポール・C・ブルーム翁の、私は晩年の友の一人だった。彼のことを書き出せば長くなる。東京・青山に隠棲していた蒐書家で、その外国人による幕末・維新期の日本関係書五千冊は、横浜開港資料館に譲られ、同館の基本図書になったとだけ記しておく。 話は、ブルーム翁の少年時代のことである。両親はパーティに出かけて遅く帰宅した。翌朝に日本人阿媽に片付けさせるつもりで、翁の母はドレスは脱いだまま、身に付けた宝石類もすべて食堂のダイニングテーブル上に並べたままにして寝た。そしてその夜、泥棒が入った。 宝石類は、すべて消え失せた。その中にハート型をしたルビーのブローチがあった。スイス時計輸入商である夫からの、結婚の贈り物だった。 舞台は回って、数年後のニューヨークになる。もう自動車があった。ブルーム一家はニューヨークの北のサラトガ・スプリングスへ遊びに出かけた。鉱泉のある保養地で、競馬場もある。朝早く出たので、途中のホテルの食堂で朝食をとった。 突然、翁の母が興奮した。夫の腕をつかんで、激しく揺する。「あなた、私のブローチだわ。行って、どこで買ったか聞いて下さい。どこで買いましたかって」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順