「防衛フィクサー」と呼ばれた男の肉声

執筆者:伊藤博敏 2008年1月号
カテゴリ: 外交・安全保障 社会
エリア: 日本

山田洋行事件で東京地検特捜部の家宅捜索を受けた日米安保サークルの「世話役」が、初めてインタビューに応じた。 ブラインドで少しだけ遮られた冬の日差しが、米軍関係の記念品や写真が飾られた部屋を照らしている。国会のすぐそばにあるマンションの一室。社団法人日米平和・文化交流協会(交流協)の事務所だ。十五畳ほどの部屋の主は、専務理事の秋山直紀(五八)である。 中背ながら体格はいい。二十歳の頃から永田町に出入りし、政治評論家・作家の戸川猪佐武(故人)の書生となった半生を、自ら「秘書歴が長い」とふりかえるが、ハッキリした物言いからは腕利きの商社マンのような雰囲気も漂う。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順