たまりかねて「性賄賂」罪導入 中国で“美女プレゼント”が横行

2008年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 世にも珍しい「性賄賂」なる刑法上の罪が、中国で法制化される公算が強まっている。現金のみならず、純金製の毛沢東語録や月餅、高級輸入車などあらゆる財貨が党・政府幹部への賄賂となるが、いま最も喜ばれるのは「鍵を握った美女(=愛人つきのマンション)」。胡錦濤指導部は法制化で、党内の腐敗幹部に警告する新たな手段を得る。 摘発を受けた腐敗官吏の九五%は愛人をもつとの調査結果もあるほど、腐敗と愛人は密接不可分。賄賂として“愛人”を贈る業者も絶えない。ところが、取り締まろうにも使えるのは女性に対する売春罪だけで、それすら、幹部との間に金銭の授受がなく「自分の部屋に招いた男友達がたまたま幹部だった」ならば罪に問えない。一方の幹部側は不適切な男女関係を「生活作風の問題」と定める党規律に反するだけ。江沢民自身が有名歌手らと浮名を流すなど、前指導部時代に有名無実化した規律を正すべく、刑法改正を検討中なのだ。「性関係の事実」と業者および幹部の「利益追求目的」を構成要件とするという。 ただ、法学者らの反対・慎重論も根強い。財貨でもない非物質的な「性関係」を利益と算定できるか、「自由意思に基づく恋愛」と主張されたら対抗できるのか、どんな基準で量刑を行なうか、一人より十人の愛人を抱えた方が重いのか、百人と一回ずつの性関係と一人と百回の性関係の罪状をいかに量るか……。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順