【ブックハンティング】「歴史の黒衣」通訳者に聞いたオーラル・ヒストリーの意欲作

会田弘継
執筆者:会田弘継 2008年1月号
カテゴリ: 書評

 中曽根康弘元首相の「不沈空母」発言事件。日米外交と通訳といったら、思い出さずにはいられないエピソードだ。 元ワシントン・ポスト紙外交記者ドン・オーバードーファー氏とランチをとりながら、ユーモアたっぷりに顛末を聞いたのは、四年ほど前だった。事件の当事者の一人だ。もう一人の当事者で同時通訳の草分けの村松増美氏からも、そのしばらく前に外国人記者会の晩餐会だったかで、やはり楽しく回顧をお聞きしたと記憶する。 当の中曽根元首相からは直に聞くチャンスはいただいていないが、著書『自省録』(二〇〇四年、新潮社)で「百万語を費やすよりも『不沈空母』の一言が、(悪化していた日米関係の改善に)即座にてきめんに効いたのです」(括弧内は筆者)と回想しているのだから、関係者すべてが、いまではそれぞれに納得し、区切りをつけているのだろう。 当時はそれぞれの当事者にとって大騒動だったはずだ。ある意味で、政治における「言葉の力」をこれほど表象する事件はない。通訳という仕事の観点から見れば、「名訳」とはつまるところ「誤訳」だとでもいうべきパラドックスを示している、深く重たい事件だ。 同時通訳界の元(失礼!)マドンナにして、いまは立教大学教授の鳥飼玖美子さんの力作『通訳者と戦後日米外交』は、あらためてこのエピソードを取り上げている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順