霞が関が袖手傍観ではインパクトも説得力もない

執筆者:渥美由喜 2008年1月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

 今回は、二〇〇七年内に政府が策定する予定の「ワークライフバランス憲章」、「行動指針」(以下、憲章・指針)を取り上げたい。 憲章・指針は、WLB(ワークライフバランス)の指標をいくつか設定し、五年後、十年後の目標値を掲げて進捗状況を点検していく。例えば、女性の育児休業取得率は現状の七割から八割へ、男性の育児休業取得率は現状の〇・五%から一〇%へ。既婚女性の就労継続率も年齢別に目標値が掲げられる。 本連載でも再三述べてきたように少子化を克服するためにはWLBの推進は必要不可欠だ。憲章に書かれている言葉の中には、以前から私がずっと主張してきた内容と重なる部分も多い。したがって、憲章・指針を全面否定するつもりはない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順