スイス 特色ある「職業教育」の転機

執筆者:石山新平 2008年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史 金融
エリア: ヨーロッパ

「国土は狭く、天然資源に恵まれず、人だけが資本。類まれな勤勉性と国民全般にいきわたる高い教育で、近代以降、未曾有の経済発展を遂げた」 こう書くと、多くの読者は日本のことを言っていると思うに違いない。だが残念ながら答えは違う。欧州大陸の中央に位置する小国スイスのことである。 人口わずか七百五十万人に過ぎないスイスは、明らかに「小国」である。だが、その経済規模や金融センターという視点からみれば、れっきとした経済先進国。この欧州の山国がどうやって成功を収め、世界有数の経済大国へと駆け上っていったかをみると、東洋の小さな島国でありながら経済大国と呼ばれるようになった、わが日本の歩みと重なる部分が多い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順