ゴードン・ブラウン 天国から地獄へ

執筆者:マイケル・ビンヨン 2008年1月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

[ロンドン発]六月にゴードン・ブラウンがトニー・ブレアの後を継いで首相になった時、イギリス全土が安堵の息をついたようだった。イメージ作りよりも仕事に集中するまじめな政治家がやっと登場した、と。 実際、口数少なく職務に専念するブラウンに人々は好感を持った。政権発足当初、口蹄疫の再発生、洪水、ロンドンとグラスゴーでのテロ事件などの危機が起きたが、ブラウンは粛々と対応した。間近に接する公務員だけは、ブラウンを仕事中毒、あるいは何でも統制したがるスターリン主義者だと陰口を叩いたが、政権支持率はぐんぐん上昇し、十月には与党労働党は保守党を支持率で一一ポイント上回った。勢いに乗って、解散総選挙が近いとの観測も流れ始めた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順