まだ打止めではない「サブプライム・パニック」

執筆者:小田博利 2008年1月号
エリア: 北米

あのバブル崩壊後の日本と同じような姿に、米国が身をやつすのか。世界の金融市場に走った亀裂はそれほど大きい。日本を本当の衝撃が襲うのはこれからだ。 サブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅融資)のパニックが世界中を駆け巡っている。亀裂は米国内にとどまらず欧州にも走り、株式市場の動揺を通じて日本も右往左往している。ここ数年、意識されずに膨らんでいたマネーの連鎖の最も弱い部分の綻びが突かれている。 年の瀬を控えた韓国。十一月末以降、債券市場を売りの火砕流が襲った。売り手は韓国に進出した外資系金融機関である。仕組みはこうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順