インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

銃を向け合うシロビキ内部抗争にどっちつかずのプーチン

春名幹男
執筆者:春名幹男 2008年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 昨年末の十二月二十日は、旧ソ連の政治警察「反革命・サボタージュ取締全ロシア非常委員会」(略称チェーカー)の創設九十周年記念日だった。ジェルジンスキー議長の下、当初の要員は二十三人しかいなかった。 旧ソ連共産党の治安・情報機関はその後、国家保安部(GPU)、合同国家保安部(OGPU)、内務人民委員部(NKVD)、一九五四年から国家保安委員会(KGB)と名を変えて拡大、強化されたが、九一年末のソ連崩壊で解体、分割された。後身には、現在の連邦保安局(FSB)、対外情報局(SVR)などがある。 世界最大の情報機関だったKGBはソ連崩壊で屈辱と苦難の時代をくぐり抜けた。国を売り、仲間を裏切って、仇敵米国に亡命した高官もいた。KGBスパイを経てFSB長官を務めた経歴を持つプーチン大統領自身がそんな歴史の生き証人だった。 プーチン大統領は、かつて自分が所属した治安・情報機関出身の仲間を重用した。彼らは「シロビキ」と呼ばれ、絶大な権勢を振るい、政府主要機関や巨大な石油・天然ガス企業を牛耳って、「汚職構造」を作り上げ、メディアを国家支配し、わが世を謳歌した。 だが昨年来、シロビキ内の結束が乱れ、抗争が噴出した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順