巨象イオンに楯突くドラッグストア界の「先覚者」

執筆者:清水常貴 2008年2月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

「夢とロマンを追い求める男」とも評されている。神奈川、静岡両県を中心にドラッグストアとスーパー二百八十六店を展開するCFSコーポレーション会長兼社長の石田健二氏(七五)。CFS株の一五%を保有するスーパー最大手イオンの反対を押し切って調剤薬局大手のアインファーマシーズとの統合を決めた人物だ。 石田氏がアインの大谷喜一社長と共に両社の統合を発表したのは昨年十月五日。ところが、その直前にイオンの岡田元也社長が統合に反対する記者会見を開き、イオンとCFSの対立が明らかになった。イオンがプロクシー(委任状)アドバイザーを選任すれば、CFSもコンサルタント会社を起用し、統合の是非を決める一月二十二日のCFS臨時株主総会に向けてプロクシーファイト(委任状争奪戦)に突入している。 実を言えば、この統合話は昨春から持ち上がっていたという。石田氏がイオンを訪ね、アインとの統合を打診したが、反対されている。イオンが「白紙に戻ったと思っていた」(早水恵之執行役)統合話が、水面下で進んでいたのだ。 統合案は、アイン株一株が共同持株会社の株式一・二五株と交換できるのに対して、CFS株は一株が持株会社の株〇・三株になる。「CFSを昨年八月の業績下方修正後の急落した株価で算定したため、株式交換比率が小さい。CFSの株主にとって不利。イオンは統合後、第四位の株主に転落する」(早水執行役)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順